アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
盛男

2014年09月20日

彼女との婚約破棄

それから数日してからの出来事です。
彼女のほうから連絡がありました。「これから会えない?」友達と出かける予定(仕事の関係で)でしたがキャンセルして
「わかった。すぐ会おう!」といいました。
彼女に「そっちに行くから待ってて。」と言われ家で待っていると1時間後くらいにやってきました。
僕も彼女もしばらく沈黙が続き…
彼女から「本当に色々話さないといけないんだけど」と言われもう何となくいい方向には向かない気がして僕は、
「何があったか話して。全て」といいました。

彼女「私、昔ずっと好きだった人がいたんだけど相手は10個上で私が23の時に結婚した。で、結婚したからもう会うこともないだろうと思っていたら…一週間前に急に連絡来て奥さんと離婚したんだけど彼氏いるの?まぁ彼氏いてもいいから一回飯食いにいかない。相談に乗ってほしい事がある。と言われて迷ったんだけどあまり弱い部分を出すような人じゃないし離婚して間もないから悩みもあるんだろうと思って行ったんだ」

僕「その話と俺らの関係に何かあるん?」

彼女「うん。ごめんなさい。やっぱり会ってしまったら自分の気持ちを抑えるのが難しくなってしまって、やっぱり好きだった人が自分の中ですごく大きな存在になんだって思ってしまった。こんなバカな私とは結婚しないほうがいい。だから別れてください。」
本当にパニックでした。
いろいろ家のこと、結婚式場のこと、と順調に話が進んでいたのにどうしたらいいんだよ。

僕「もう無理なの?式場・家とか色々決めてたよな。どーすんだよ?」←怒りがこみあげてしまいました。

彼女「……。本当にごめんなさい。わたし色々悩んだけどやっぱりあなたとは一緒になる資格のない人間だと思う。何でもして償います、許して。こんなスタートじゃ結婚も無理なのわかって。」←たぶんこんな事を言われました。

その日は何も手につかず、将来のことも何もかもわかりません。
どうしようもない感情でした。

この辺りは数日間記憶がありません。仕事は淡々とこなしていたと周りには後に言われました。
覚えていませんが…

続きます。読んでくれてありがとうございます

この記事へのトラックバックURL

上の画像に書かれている文字を入力して下さい